iphoneを壊すと、どれくらいお金が掛かるの?

大事なiphoneを壊してしまってショック!しかし、直さないわけにもいかないので、修理には出さないとまずい。そういう状況になってしまった方は多いと思います。では実際、修理費用はどれくらいかかるものなのでしょうか。これに関して言えば、故障した部位や症状によりますし、保証サービスに入ってるか否かでも大きく変わります。例えば、落とした時に割れがちな液晶画面の修理という場合、保証サービスにしっかりと入っている場合は3000円と少々で済みますが、入っていない場合は1万円程度はまず掛かります。さらに修理に掛かる時間も即日対応してくれる場合もありますが、時間が掛かると一週間程度かかってしまう可能性もあります。非正規店で修理する場合は、5000円から6000円程度で済むことが多く、また即日対応してくれて時間もほぼ掛からずに済みますが、以後正規店での保証や修理が受けられなくなるだけでなく、店員の腕前によってはより症状が悪化する場合があるので注意は必要です。

液晶画面を守るにはどうすればいい?

恐らく最も落としてしまったり、ぶつかったりで壊れやすい部位である液晶画面。では、そこを守るためにはどうしたら良いのでしょうか。一番簡単な方法は、保護フィルムやガラスなどを購入し、画面に貼るなり装着してしまうことです。少々お金は掛かりますが、壊した時の修理費用に比べれば、大分安く済みます。またケースも装備しておけば、万が一落とした時に変な角度で当たってしまい、端の方の液晶画面が割れてしまうといった事故も防げるため、お勧めです。

iphoneの修理にかかる費用は様々ですが、5万円を超えることもあるようです。事前に携帯会社やメーカーの保証に加入していると、まかなえる場合があります。