紙の材質や大きさは?

ポスターを作るにはまずどんな大きさのものを作るか決めましょう。大きさは貼る場所によっても変わってきます。ちょっと離れたところから見るようなポスターであれば、モチーフ以外にも背景などの大きさも考えなければなりません。展示する場所が屋外であれば、耐水性の高い丈夫な紙を選びます。フォト光沢紙や厚手のマット紙を使うことが多いと思いますが、ポスターを描く時の紙の大きさとしては、A3の大判紙が一般的です。

デザイン次第で決まる

ポスターはデザインが全てであり、デザインが悪ければ良いポスターはできません。見た人を引き付けるような魅力的なポスターは、素晴らしいデザインであるはずです。ポスターはただの絵ではなく、告知であったり宣伝であったりしますから、インパクトを持ったものである必要があります。映画などのポスターは有名なイラストレーターやデザイナーが手掛けたものだったりしますが、集客力のあるデザインには目を見張るものがあり勉強になります。オリジナルにそれらの要素を加えていくと素晴らしいポスターになる可能性もあります。

ポスターフレームも重要なアイテム

出来上がったポスターを展示する時は、そのままではすぐに劣化してしまいます。特に屋外での展示になると、雨や風によってぼろぼろになってしまいます。日差しが強い場所なら紫外線によって色も変色してしまいますから、長持ちさせるためにもポスターフレームの使用がおすすめです。ポスターフレームには様々なタイプがありますので、ポスターを際立たせるようなデザインや色を選ぶと良いでしょう。

激安コピー印刷は、各企業でコスト削減のために役立つサービスとして浸透しており、会議資料やチラシの作成など様々な目的に活用できます。