家の電灯、LEDに替えましたか

LEDが登場して10年以上経ちましたが、家の電球や電灯をまだLEDに替えていない方いらっしゃいますか。替えていないとしたら、その値段の高さから手を出さなかった方が多数でしょう。しかし、その考えは結果的に損をしています。なぜなら、LEDはほぼ同じ明るさの一般電球の消費電力の約1/5~1/8しか消費しないため、とても省エネです。さらに、LEDの寿命は約40,000時間(約4年半)と、非常に長寿命とされています。毎日の消費電力が少ないうえ、取り替えの頻度も少なくすむLED、賢い方であればすぐに一般電球よりもお得だということに気付くでしょう。

LEDはいろんなところで使えて便利

LEDの特徴として熱を持ちにくいことが挙げられます。そのためインテリアとして、さまざまな空間で調和したデザインの明るさを提供できます。防水構造にも簡単に出来るため、野外や水辺の近くにおしゃれな照明として置くことが出来ます。虫が集まりにくいという利点もありますので、玄関灯やガーデンライトにして使うのもお勧めです。玄関灯は頻繁にON/OFFを繰り返しますが、LED照明はスイッチの切換えにも強く、すぐに明るさが欲しい場所にも便利です。

LEDのおしゃれな使用方法はたくさん

LEDの光は紫外線を含まず、照明による美術品や絵画などの劣化を防ぐことが出来るため、さまざまな美術館で美術品への光源として使用されています。LED電球は一般電球と違って、下方向へ配光されています。家の絵画や飾り棚などにLED電球で光を当てることにより、ちょっとした空間をおしゃれに演出をすることができます。熱をあまり持たないため、寝室の間接照明にも使いやすく、自宅のおしゃれな空間の演出にとても便利なのです。

ledパネルは発熱量が従来の電球や蛍光灯よりも少ないので、熱に弱いものを明るく照らすのに向いています。