パソコンで利用するソフトウェアといえば、通常パソコンにインストールして使うものを想像するでしょう。かつてはCDなどで提供されていましたが、最近はネットからダウンロードして勝手にインストールするものもあります。パソコンの電源が入っていれば使え、データなどはすべてそのパソコン内に保存されます。ではクラウド会計はどんな会計ソフトかです。この会計ソフトは、利用するパソコン上にインストールをしませんしデータもパソコン内に保存されません。インターネットを通じてシステムが提供され、入力したデータもインターネット上に保存されます。インターネットに接続できる環境とブラウザ、利用のためのログインパスワードなどがあればどの危機からでも利用できます。

インターネットを利用するがゆえのメリットが使える

インターネットの利用が進むと多くのサービスがインターネット上から利用できるようになります。ネット銀行はインターネットを通じて銀行のサービスを提供してくれます。振込の指定や定期預金の設定、残高照会などが行えます。そしてそれぞれのデータのダウンロードも行えます。会計システムの新しいスタイルとしてクラウド会計がありますが、こちらはインターネット上に用意された会計システムです。インターネットを使ってより会計業務が便利になるように作られています。特徴の一つに、ネットから取り込んだ情報を自動的に入力する仕組みがあります。ネット銀行の情報だけでなく、クレジットカードの情報や鉄道の乗車記録なども仕訳として表現できるようになっています。

クラウド会計とはインターメットを使い、どこでも会計処理を行うことができるシステムのことです。このサービスを利用するためのソフトをクラウド型会計ソフトと言います。