何を伝えたいかを明確にする

せっかくホームページをつくっても、そのページから読み取れるものがなければ多くの人は途中でページを閉じてしまうことになりかねません。特に初心者が陥りがちなのは、読み手のことは考えず自分が何を伝えるかだけを考えることに徹してしまうことです。そのページを読む人のことを第一に考えて、ホームページ作成を進めることが必要です。それと同時に、ホームページを開いた時、画面をパッと見ただけで何が書かれているのか分かる状態でなければいけません。
この場合、画面の中央よりやや上にそのホームページで伝えたいテーマを分かりやすく書いておくべきです。なぜ画面中央よりやや上がいいかと言えば、普通、画面を見る時には中央よりもやや上側を最初に見ることが多くなるからです。

画像も適度に挿入する

読みやすいホームページにするためには、文章ばかりを羅列するのではなく、適度に画像を挿入することが大事になります。画像はまず上の方に一つ入れてそのページに書かれてある内容を読者にイメージさせることです。そのためには、文章の内容と関連性の高い画像を使うことが重要です。そのため、画像選びは丁寧に行うことが大事です。
また、文章のテーマごとに画像を入れてみることも重要になります。特に1ページ当たりの文字数が1000文字を超える場合は二つ以上の画像を入れると読みやすくなるだけでなく、その文章の先にあるものをイメージしやすくなり読み進めることができるようになるでしょう。

ホームページ作成は、積極的な情報発信を行う上で役立ち、文字だけでなくイラストや写真なども交えながら作成することで、より見栄えの良い状態に仕上がります。