ストレスチェックシステムでアウトソーシング

ストレスチェックを全て社内で行うのは難しいことが多く、新たに人材を確保して実施しなければならない状況になっているケースも少なくありません。その状況への対策として有用なのがストレスチェックシステムの導入です。ストレスチェックシステムは一般的にはパソコンなどから従業員がアクセスしてチェックを受けることによりeラーニングのようにしてストレスチェックを行える仕組みになっています。そのため、定期的にアラートを出して従業員にチェックを受けさせることでストレスチェックの実施を行えるようになっているのが特徴です。そして、システムを提供している業者に集計を行ってもらえるようになっていて、もし医師の診察を受けた方が良い状況の従業員がいた場合にはその診察の手配まで任せられるシステムになっています。そのため、実質的にストレスチェックをアウトソーシングすることができるようになっているのです。これによって効率よくストレスチェックを実施できる体制を整えることができます。

制度が変わっても安心なクラウドを活用

ストレスチェックシステムを提供している業者も多くなりましたが、どのシステムを導入するかで悩んだときに有用なのがクラウドベースのシステムです。ストレスチェックについては制度として導入された段階にあり、今後も変化していく可能性があります。制度の変化があったとしても柔軟に対応してくれるのがクラウドシステムのメリットなので、現時点で導入するには最適な候補になるのです。

ストレスチェックシステムは調査票にデータを入力するだけで、自分がどのくらいストレスを抱えているのか、どの場合においてストレスを感じているのかを診断してくれるため、気軽に受診することができます。